病気で起きるむくみ

病気で起きるむくみについて足は心臓から距離があるので静脈瘤が起きやすいと言われています

下肢静脈瘤は足に血管がボコボコに浮き出す病気です。
心臓から送り出された血液は、動脈を通り足まで流れていきます。
そして、静脈を通り心臓へと戻ります。しかし下肢では、足まで
流れた血液が静脈で逆流してしまいます。

 

足は心臓から距離があるので静脈瘤が起きやすいと言われています。
大事なことは、足まで流れた血液を心臓へ押し上げることです。
そんな大役を任せられているのは、太ももとふくらはぎの筋肉です。
この太ももとふくらはぎの筋肉が衰えてしまうと、血液は心臓へ
戻れなくなってしまいます。

 

静脈には、血液の逆流を防ぐ弁があります。
この静脈弁が壊れてしまうと、血液は足に溜まってしまいます。
これが続くとむくみや、だるさ、熱っぽさ、鈍痛、足がつるなどの
症状が出てきます。

 

下肢が重症化してしまうと、皮膚が黒ずんで固くなります。
湿疹が出て、かゆみが起きることもあります。
血液の流れを良くするために足首を動かしたり、ストレッチを
するのも大切な予防になると思います。

 

心不全は、階段や坂道を上る時に息切れや呼吸困難を起こしてしまいます。
正常な呼吸ができないと、心臓の動きが弱くなり全身に血液が流れにくくなります。
心臓から離れた場所にある足は、むくみやすくなります。

 

腎臓の機能が低下すると、これもむくみを起こします。
塩分の取りすぎ、水分を過剰に取りすぎると水が溜まってしまうからです。
また肝臓病になると、アルブミンというタンパク質が作られなくなります。
するといたるところでむくみが起きます。

 

予防のため食生活改善や運動も必要だと思いますが、1?2週間たっても
むくみが引かない場合は、病院へ相談してみるのもいいと思います。